市販されている多くの乳酸菌飲料やヨーグルトは「生菌」(生きている乳酸菌)であるため、そのほとんどが胃酸によって死んでしまい、腸の中でも定着しにくいと言われています。

乳酸菌生産物質は、乳酸菌の菌体および分泌物から成る物質で、生菌ではないため、胃酸で滅することなく、腸に存在することができます。